2023年11月06日

家庭連合、後藤さん事件はこうして始まった! 《奪われた12年5ヵ月、"拉致監禁"連鎖@》



231106.jpg


家庭連合の信者たちが拉致監禁され
脱会強要をされるという事件が、
4300件以上起こっていたという事実をご存じですか?

被害者の会の代表、後藤徹さんが
12年5ヵ月もの被害を受けた体験が
かつて「"拉致監禁"連鎖」として、
「世界日報」に連載されました。

最近アーカイブが再公開されています。
長いですので、2コマずつに
分け直してご紹介します。

今日は、「#1 『しまった』
気づいたときにはワゴン車に押し込まれた」よりどうぞ


本記事は2010年2月より本紙に掲載された連載
「"拉致監禁"連鎖」50回を再編集したものである。

今年7月に開催されたシンポジウムでジャーナリスト
鈴木エイト氏は後藤徹氏が被った拉致監禁事件を
「引きこもり」と曲解し「どうでもいい」と言下に切り捨てたが、
「拉致監禁」は憲法に違反し、人権を完全に侵害する事件である。

後藤氏は10月4日、東京地裁に
名誉毀損の損害賠償を求めて鈴木氏を提訴した。

拉致監禁とは何か、後藤氏らはその真相を
今もなお追い続け、闘いを続けている。

―拉致監禁・強制改宗―続く後藤さんの闘い
#1 『しまった』気づいたときにはワゴン車に押し込まれた

甘かった実家帰り 無理やりワゴン車に

夜の高速道路をひた走る車から外へ目をやると、
交通標識などから新潟方面に向かっていることだけは分かった。
一度も行ったことがない所だった。

まだ訪れたことのない土地に行けるとなると、
たいていの人は未知の情景を期待を込めて
思い描いたりして心が弾んだり、
多少なりとも興奮するものである。

それが自然の美しい場所なら、なおさらであろう。

だが、1995年(平成7年)9月11日の夜、
突如として無理やりワゴン車に押し込まれた
後藤徹さん(当時31歳)の胸の内には、
そんな期待はあろうはずもない。

これから起こるであろう「監禁」という非情な仕打ちに、
後藤さんは憤りと不安と恐怖が入り交じる気持ちの中で、
とにかく逃げ出せるスキをうかがうことで精いっぱいだった。


北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(当時13歳)は、
工作員に乗せられた船の中で「お母さん、お母さん」
と叫びながら、壁を引っかいたために
爪が剥がれそうになり血だらけとなった。

そう北朝鮮の元工作員の安明進氏が著書
「北朝鮮拉致工作員」(徳間書店)の中で記している。


後藤さんの場合は、
本来助けを求めたい両親が同じ車内にいた。

家族が、この時姿を見せていない
“黒幕”の指導を受けて拉致を実行したのだ。

大声を出したら何をされるか分からない。
182aと長身で体格もいい後藤さんだったが、
父と兄に両腕をつかまれては、
抵抗できない状態をひたすら耐えるしかなかった。


この日、後藤さんは東京・保谷市
(現在の西東京市)の実家に帰っていた。

すでに一度は拉致監禁されたことのある後藤さんだったが、
その時はスキを見て逃げ出していた。

それから8年もたっていた。
家族も再び同じことはしないだろうと信頼していた。

だが、それは甘かった。

両親や兄、妹、兄嫁との食事が終わると、
急に引き締まった表情に変わった父親から
「徹、話がある」と切り出された。

「しまった。また拉致監禁か」と思った時は、
すでに遅かった。
父と兄に引きずられるようにワゴン車に押し込められた。


車に乗せられる際、統一教会側から「職業的脱会屋」と呼ばれ
要警戒人物とされる宮村峻・会社社長の下で働く
従業員が庭に潜んでいるのが見えた。

後藤さんの逃走を防ぐために動員されていた。
綿密に計画され、家族以外の人間もかかわって
組織的に行われた拉致だった。

後藤さんを乗せた車が東京から
新潟市内のマンションに着いたのはその日の深夜だった。

この時は知る由もなかったが、この日から実に
12年余に及ぶことになった統一教会棄教を迫るための
拉致監禁の初日となった。

そして2年前のきょう(2008年2月10日)が、
解放された日である。

後藤徹さんの証言によって、
“12年余の空白”を埋めるべく、その被害体験を綴っていく。

奪われた12年余 改造されていた部屋

マンションの玄関に横付けした車から降ろされ、
両腕をつかまれたままエレベーターに乗せられた。
6階の監禁現場となる一室に押し込まれるまでに、
ものの数分とかからなかった。

その日から監禁場所が東京・荻窪に移される
1997(平成9)年6月22日まで約1年9カ月の間、
新潟にいたことになる。その間、

後藤さんはずっと部屋に閉じ込められ、
一歩も外に出られない“捕らわれ”の日々を過ごしたのである。


後藤さんは、63(昭和38)年、名君・上杉鷹山で知られる
山形県米沢市で次男として生まれた。

日大理工学部に通っていた86(昭和61)年に、
四つ年上の兄から紹介されて統一教会の教えと出合った。
やがて、その教えに感銘し「ここに真理がある」と確信し入教した。

しかしそれから程なく、皮肉なことに
兄と妹が後藤さんが味わったような拉致監禁下での
「説得」を受けた末に教会を脱会。

その兄と妹が職業的脱会屋らの指導を受けて、
後藤さんの拉致監禁を実行するという不幸で悲しい連鎖がある。


新潟のマンションに監禁された後藤さんは、
その後監禁場所を2度も移された。

家族や職業的脱会屋から受ける「説得」と称する
統一教会批判や罵倒、暴力に耐えながら屈しなかった。

結果、ついには12年5カ月もの
日本では例を見ない超長期監禁の被害者となった。

家族やキリスト教牧師らがとったこれらの行動は、
法治主義国家である日本では
信教や言論の自由などの基本的人権を侵す
犯罪としか言いようのないものだ。

後藤さんの人生においては、まさに
「奪われた12年余」
「空白の12年余」となったのである。


監禁中、兄は後藤さんに
「この問題を解決するまでは絶対に妥協しないし、
この環境もこのままだ」
「どんな犠牲を払っても決着を付ける。
覚悟しておけ」などと言い放った。

統一教会を紹介したのが兄だけに、弟への気持ちは
複雑で、攻撃が先鋭化するのも避けられまい。

後藤さんを棄教させるためには、
どんな手段も辞さないことを強調して迫ったのだ。


後藤さんが押し込められた新潟のマンションは
2DKタイプだった。

玄関を入ると左側にトイレと浴室があり、
その奥が台所・居間。
居間の隣(浴室から廊下を隔てた正面に当たる)には和室があり、
その奥にも部屋があった。

ただ、この奥の部屋だけはなぜか鍵が掛けられ、
後藤さんはおろか家族も入ることがなかった。

ほとんど和室に閉じ込められていた後藤さんは、
トイレに立つのにも常に監視の目が光っていた。
部屋と居間にはそれぞれ窓があったが、
すべてストッパーで固定され、開けられない仕掛けになっていた。

また、玄関には通常の鍵とは異なる鍵が付けられ、
家族が持っているキーがなければ外に出られなかった。
その上、ドア付近に近寄ることもできなかったのだ。

(世界日報アーカイブス 
―拉致監禁・強制改宗―続く後藤さんの闘い より)
#1 「しまった」気づいたときにはワゴン車に押し込まれた 
【後藤さんの闘い・新潟@】
https://www.worldtimes.co.jp/japan/20231011-175120/
再編集 文責:ten1ko2


拉致監禁を経験した人は4300人に上ると言います。
その手口は本当に悲惨極まりないものです。

親も子供が教会から救出できるならば、
お金払っても、どんな方法でも構わない、
そんな切実な思いで拉致監禁をします。

拉致監禁に携わる人たちは、
「保護・説得」と表現しますが、
保護なんて言葉は使ってほしくないですね。

私が拉致されたころは、
一日一件くらい全国で事件がありました。

世界日報のアーカイブスですが、
後藤さんの体験談を紹介しながら、
こういう被害に遭っている人たちが、全国にもたくさんいる、
ということを知ってもらえたらありがたいです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

2023年10月28日

GO TO後藤! 風が吹き始めている、世論が動き出すか・・・マスコミ、キリスト教関連からも応援の声



231028-2023.1004.png


後藤徹さんが先日提訴した裁判に
応援してくださる方が徐々に集まっています。
応援の声をお伝えします。

関連の情報、まずこちらをどうぞ。


「旧統一教会問題」。世論において家庭連合側は常に劣勢に立たされてきた。
 その大きな要因の一つは、マスコミが家庭連合(旧統一教会)について、半世紀以上にわたって客観的かつ公正・公平な事実報道をしてこなかったことにあると言っても過言ではない。

 とりわけ、4300件以上にも及ぶ家庭連合信者に対する拉致監禁・強制棄教という社会的大事件に対するメディアの無視あるいは無作為は、民主主義国家としての醜態をさらしていると言ってもいいのではないか。

 今回紹介するのは、世界日報(10月5日付)本紙11面掲載の「『ひきこもり』発言で鈴木エイト氏を提訴 棄教迫る拉致監禁の被害者後藤さん」の見出し記事。

 鈴木エイト氏に対する提訴は、後藤徹さんだけでなく、家庭連合の友好団体である天宙平和連合(UPF)も起こしている。
 この二つの提訴の内容は、大手メディア、新聞、雑誌、テレビでも取り上げられ始めている。

 マスコミには、民主主義国家の良心と報道倫理に従い、今こそメディアとしての在るべき姿を社会に示し、本来の使命を果たしていただくことを、強く訴えたい。

アングル〜情報戦に勝て。97
ついに世論が動き出す!?
「後藤徹氏を応援しよう!」
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=21464
(Blessed Lifeより)
↓「アングル」のおすすめ記事
 「ひきこもり」発言で鈴木エイト氏を提訴 棄教迫る拉致監禁の被害者後藤さん 
世界日報(10月5日付)


「鈴木エイト名誉毀損訴訟原告 後藤徹氏を応援するブログ」
というのが立ちあげられています。

応援コメントとして、福田ますみさんと共に、
キリスト教関連の方のメッセージが寄せられていたのが
印象的でしたので、紹介します。


今回、後藤徹さんが原告となって起こされた裁判には、
いくつかの重要な背景があります。

まず、キリスト教牧師の指図によって
為された誘拐拘禁という事実です。

誘拐拘禁を専門とするグループがあり、
それを支援する組織もあり、今もなお
実行犯は野放し状態で情報発信しています。

そんなところにキリスト教の正義はありません。


初期キリスト教教父たちは「異端論駁」を通して
正統教理の輪郭を明確にしていった歴史があります。
しかし、拉致監禁による「保護説得」は
「異端論駁」をあまりにも逸脱しています。

これをキリスト教史の中に位置付けるならば、
中世後期頃からの「魔女狩り」にあたるものでしょう。

当時は「悪魔に憑かれ」でしたが、現代ではそれが
「マインド・コントロールされ」に変わり、
「魔女」と断定されるがごとく社会から排除するのです。


この裁判には、後藤徹さんに留まらず、多くの
拉致監禁被害者たちの存在が背後にあります。

私が最も深刻に考えるのは「親による子への虐待」です。

たとえ拉致監禁されたとしても、
子は親を訴えることができません。
親子の「愛情」が利用されてしまいます。

キリスト教の牧師たちによって拉致監禁の理論や
方法をレクチャーされた親が
「愛情をもって」子に襲いかかるのです。
子も親の「愛情」が分かるので苦しみます。

それはどうあれ親と子との関係に
大きな傷と深刻なダメージを残すことになります。

 
原告の後藤徹さんが今回闘う背景には、
以上のような背景があります。

私がこの裁判で後藤徹さんを応援するのは、
キリスト教界を代表しての自己批判でもあります。

このような恐ろしい拉致監禁を軽く扱い、
被害者を小ばかにする発言の数々が許されてはなりません。


教父 ラクタンティウスの言葉

「我々はキリスト教を守らねばならない。
 他人を殺すことによってでなく、
 我々自身が死ぬことによって。

 …もし君らが血と拷問と悪しき事によって
 キリスト教を守っていると思うならば、
 それはもはやキリスト教を守るのではなく、
 それを汚し害することである。」

再編集 文責:ten1ko2


良識のある方が応援してくださっています。
今、バッシングを受けている時にも関わらず、です。
本当にありがたいことです。

実は月刊正論最新号に
後藤徹さんの拉致監禁の情報が
掲載されております。

有名月刊誌に拉致監禁の話が載るのは、
おそらく初めてではないでしょうか。

マスコミは、反対的であり、
批判的な記事のみを流すのではなく、
公平な記事を掲載してくださることを
切実に念願いたします。

これからも後藤さんを応援し続けます。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

2023年10月19日

国民が知らない、作られた献金被害の事実 国から解散命令を受けるような教団ではない! 《記者会見》




2023/10/16 世界平和統一家庭連合 記者会見


30年前、マスコミによって連日連夜行われた
家庭連合へのネガティブキャンペーン、
それによって、誰が得をしたでしょうか。

いわば家庭連合は、またも、はめられたのです。
誰かのえさになったのです。

昨年来の報道により、社会悪のように言われてきましたが、
私たちの声は、
巷に届くことはありませんでした。

文科省による解散命令請求を受けて、
教団側が記者会見を行いました。

記者会見の都合上、
話し切れなかった部分がありました。
その一部を紹介します。


最後に1点、拉致監禁・脱会強要問題について申し上げます。

文科大臣は、全国広範囲の多数の事案における
不法行為の類似性・共通性を強調します。

ところが、多数の事案が起きた背景には、
当法人に対して、思想的・イデオロギー的に対立してきた
反対派(反対牧師、職業的改宗業者、全国弁連)の存在があり、
彼らが当法人の壊滅を目指して活動してきた経緯があります。

こうした事実について、当法人が質問権行使以前から
文科省に対して報告してきたにもかかわらず、
文科省は一切無視しています。


当法人に反対する牧師や職業的な改宗活動家らは、
1960年代の後半から当法人信者に対する
拉致監禁等の身体隔離を手段とした
強制的脱会説得活動を行ってきました。

当法人の集計によると、これまで4300名を超える
信徒が犠牲者となってきました。

中には12年5か月間に亘って監禁された者もおり、
解放後に加害者らを提訴して合計2200万円の損害賠償請求が
最高裁でも認められるに至っています。

また、2014年には、国連の規約人権擁護委員会が
日本政府に対して、この問題に善処するよう勧告を出しています。


しかも、こうした強制的脱会説得によって
当法人を脱会するに至った元信者は、
「脱会のあかし」として、当法人に対する
民事裁判を提起するよう勧められ、彼らの代理人として、
全国弁連の弁護士らを紹介されます。

これを拒めば、まだ信仰が続いているものと疑われ、
再度強制的脱会説得を受ける恐れがあることから、
「踏み絵」同様、拒むことはできません。

こうして、元信者らは、現役の信者時代には
自由意思によって信仰心に溢れて活動していたにもかかわらず、
法廷では、「意に反して信仰させられていた」などと、
反対牧師や職業的改宗屋の
意に沿うように供述するようになるのです。


こうした強制的脱会説得を経て原告となった元信者は、
文科省が当初上げた22件の民事裁判のうち少なくとも7件に存在し、
それら7件の裁判においては原告の9割に上ります。

このようにして反対派が当法人の解散に向けて
拉致監禁等の脱会強要活動を行ってきた結果として、
多くの元信者が当法人に対する裁判等に駆り立てられてきた事実は、
最近月刊誌等でも報道されているところです。

また、当法人は今回の質問権行使以前から
文科省に対して拉致監禁問題の存在を報告してきました。
本来公正中立な立場をとるべき文科省が、
国連が問題視する人権侵害を殊更に無視するなど、
あってはならないことです。

また、文科大臣が指摘する、
不法行為の類似性・共通性の点について言えば、
当法人に対するほとんどの請求においては、
通知書送付段階から全国弁連の弁護士らが関与し、
ほぼ全国共通の戦術をもって訴訟戦略を立てています。

したがって、通知書や訴状において、
類似性・共通性が認められるのはいわば当然のことです。


最後に、私たちは、国から解散命令を受けるような
教団ではないと確信しております。

私たちの信徒たちと直に接してきた方々、
長年にわたってお付き合いしてきた方々は、
同意してくださると思います。

今後は、裁判において、私たちの法的な主張を
丁寧に行っていき、信者の人権を守りつつ、
宗教法人としても存続できるよう、
全力を尽くしていく所存です。

また、国民の皆様からも、少しでも私たちの教団を
理解し支持していただけるよう、
今後も積極的な情報発信などに努めてまいります。

以上ご理解いただけますように
宜しくお願い申し上げます。

10月16日記者会見における声明全文−−宗教法人解散命令請求に対して
世界平和統一家庭連合 プレスリリース
https://ffwpu.jp/news/4905.html
再編集 文責:ten1ko2

↓ 今日こんな新聞記事がありました
解散請求問題で首相に「嘘」答弁させたと自慢する小西動画拡散
世界日報


拉致監禁問題。。。
明らかに犯罪行為です。

上述にもあるように、
12年5ヵ月監禁された後藤徹さんの裁判は、
民事ではありますが、
「損害賠償請求が最高裁でも認めら」たのです。

こういった情報はマスコミには
ほとんど取り上げられておりません。

また、その背後には、反対勢力があり、
マスコミで取り上げられた我が教会の報道を鵜呑みにして、
あれは霊界商法だったんではないかと
不安になった人たちの
相談窓口になったのも、反対勢力の方々です。

また、心配した信徒の親たちが、
反対牧師や改宗屋を紹介され、
拉致監禁をはかるようになりました。

その過程で、親たち、また脱会させられた
元信徒たちは、教会の信徒たちのリストを
あげるように言われました。

献金の返金を求めると同時に
知り合いの信徒たちを棄教させるのです。
さらには、テレビ等で元信者として、教会の悪口を
証言するように誘導されました。

これらは、踏み絵として非常に有効なものでした。

私の両親が、反対牧師につながり、
2度の監禁を決行したきっかけも、
私を教会に紹介した友人の親御さんから、
私の親に連絡があったということです。

「うちの息子が、あなたの息子さんを、とんでもない所に
紹介してしまった・・・」と。

このように、芋づる式に信徒たちを
改宗し、被害者に仕立て、献金を返金させ、
親や親族たちも、脱会改宗のための
法外な費用を納めてしまったのです。

私も微力ながら、拉致監禁強制改宗被害者の一人として、
多くの人達に、悲惨な事実があったということ、
その真実を伝えていきたいと思っています。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。