2023年10月07日

後藤さんが裁判を起こしましたvsエイト氏 なぜ家庭連合が社会悪という誤評が広がったか 



2023.1004.jpg


拉致監禁・強制改宗の問題を通し
改宗された人たちによる被害の訴えが
イコール家庭連合が問題を起こした根拠とされてきました。

その事実をご存じでしょうか──

先日、「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」後藤徹代表が
鈴木エイト氏を名誉棄損で東京地裁に提訴しました。

記者会見の後、メディア報告会が行われました。
家庭連合HPにその時の様子が紹介されています。
(報告会映像も添付しました。)


「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」
代表・後藤徹さんは令和5年10月4日、
ジャーナリストの鈴木エイト氏の発言等で
名誉を棄損されたことを理由に、
同氏に1100万円の損害賠償などを求める訴訟を
東京地方裁判所に起こしました。

後藤さんは12年5ヵ月(平成7年9月11日
〜平成20年2月10日)にわたり、
都内のマンションなどに監禁され脱会強要を受けましたが、
最後まで信仰を守り抜きました。

監禁解放後に“脱会屋”や家族を相手取って、
損害賠償請求訴訟を提起したところ、
東京高裁は平成26年11月13日、
監禁の事実を認定した上で、
脱会屋らに総額2200万円の損害賠償の支払いを命令。

最高裁も平成27年9月29日、この判決を追認し、
後藤さんの勝訴が確定しました。

上記事実にも関わらず、鈴木エイト氏は
ブログ「やや日刊カルト新聞」において、
「マンションに留まり、居直った末に果てにニート化して、
ただの“引きこもり”となった男性信者」などと後藤さんを愚弄し、
読売テレビの情報番組『情報ライブミヤネ屋』でも
「引きこもり」とコメントするなど、
名誉棄損発言を繰り返したため、後藤さんは鈴木氏に対し、
同ブログの記事削除と慰謝料1100万円の支払いを求めています。

都内で記者会見後に開いたメディア報告会で、
後藤さんは
「拉致監禁中に自殺した女性や
レイプ被害にあった女性もいます。
鈴木エイト氏の発言は
拉致監禁被害の再発を助長する危険な言動です」
と述べ、危機感を募らせました。

一方、原告代理人である徳永信一弁護士は
「鈴木エイト氏の『引きこもり』発言は、
最高裁で認められた内容を覆さない限り
勝つことが難しいはず」と指摘。

もう一人の原告代理人である中山達樹弁護士は
「拉致監禁被害は過去の話ではありません。
今回の裁判を通して、家庭連合(旧統一教会)の
拉致監禁被害4300名の事実が、
広く日本社会に認識される切っ掛けになって欲しいです」と語りました。

再編集 文責:ten1ko2


上の要約では、紹介されていませんが、
中山弁護士は、
法律的には問題なかったとしても、
裁判所は、家庭連合の解散請求に対しても、
世論の影響を受けることはありうると言われていました。

また、徳永弁護士は、
家庭連合の嘆願書について、
裁判所が受理しないのは、通常のことであると
言われていました。

やはり、世論に訴えるために
私たちが何をすべきかということが大切なのだと
強く感じました。

詳しくは、下のYouTubeをご視聴ください。↓


20231004 鈴木エイト氏に対する名誉毀損訴訟提訴報告会
全国拉致監禁・強制改宗被害者の会


このメディア報告会に私も参加させていただきました。
(映像は↑)

後藤さんは、
「鈴木エイト氏の発言は本当にひどい。
人権を語る資格はない」

涙ぐみながら訴えていたのが、
とても印象に残りました。

拉致監禁の実態は最高裁で認定されています。
それを否定するような発言・・・・

4300名が経験している拉致監禁、
「引きこもり」という表現は、
決してありえない表現です。

むしろ、早く外に出たいのに、
一歩も出ることができない状況に
強制的に「させられている」のです。

しかもその後のシンポジウムで
「引きこもりとなんで発言したのか?」
と指摘を受けたとき、
彼は「どうでもいい」と答えました。

のちに、✕(旧ツイッター)でこのように書いています。
「拉致監禁強制棄教だと
 被害者づらでアピールしているだけだと
 被害者アピールは取り上げる価値もない
 それでどうでもいいと言った」

彼は、私たちがどんな思いで
その期間を過ごしたのか、まったくわからないのでしょうか。

親や家族から教会を辞めてほしい、と説得され、
親から離れて、教会に戻ることを選択するこの苦しみ。。。
親の悲しさ、辛さは痛いほどわかりますが、
でも、神様は裏切ることができないのです。

だから「どうでもいい」という発言は、
人として考えられないものです。
私も「あなたは人権を語る資格はない」と言いたい。

そして、家庭連合を批判していることを
鵜呑みにしている皆様にも訴えたいと思います。
4300名もの人たちが
同じ目に遭ってきたのだ、ということを。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

2023年09月19日

反牧による親子断絶! 20年ぶりの里帰りで待っていたのは 《自己牧会プログラム》



200331.jpg


自己牧会プログラムの証し。
今回は、「20年ぶりの親孝行」です。

(在韓日本婦人 50代)

韓日祝福を受けて韓国に嫁ぎ、
韓国生活は20年になります。

私の両親は反対牧師(家庭連合会員への棄教のための
拉致・監禁に関わり脱会を強要するキリスト教牧師)

つながって激しく反対していたため、
この20年の間、
連絡することも会うこともできずにいました。

2014年に初めて家族で実家(石川県)に行った時、
結局会ってもらえなかったというつらい過去があり、
それ以来、実家の家族と向き合うことが
とても難しくなっていました。

 
しかし「自己牧会プログラム」に出合い、
「良心と対話する」ワークを実践するようになると、
私の良心が「会ってもらえなくても、
会いに行かなければならない」と
叫び続けているのが分かってきたのです。

そして、「今まで親孝行をしてあげられなくて
申し訳なかった」と心から思えるようになり、
親の苦しみも以前より深く感じられて、
もう一度会いに行ってみようという気持ちが強まってきました。


2019年2月末、心を奮い立たせて、
娘と一緒に帰省しました。

教会に入教して以来、初めて実家の敷居をまたぎ、
母と会うことができました。
母は私と娘に「よく来たね」と言ってくれました。

しかし、なぜか父の姿が見えません。
聞けば、父はその3年前に自殺していたのです。

2014年に私が会いに行った時に、
私を追い返してしまったことに対する後悔が、
父の心を痛めていたようです。

私はショックで泣きながら母を抱き締めました。
そして、「こんなに遅くなってしまってごめんなさい。
これからは親孝行できるように頑張るから」
と謝りました。


自己牧会プログラムを通して心が勇気づけられ、
親に会いに行くという一歩を
踏み出すことができました。

本当に天一国時代が来たのだなと実感しています。

私の心の中の神様
(Blessed Lifeより)
再編集 文責:ten1ko2


とてもショッキングな証しでした。。。

もし自己牧会プログラムを受けていなければ、
実家に帰ることもなかったでしょうし、
衝撃な事実を聞いたとしても、
とても受け止めることができなかったのではないか、
そのように思います。

私の良心ほど、心強いものはないですね。
良心を強める努力をしていきたいです。

そして、証しをされた方が、
お母さんとの関係を回復していけるように、
心からお祈りいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

2023年09月18日

「拉致監禁」問題を考える特別シンポジウム第2弾―家族を破壊しているのは、誰なのか!― 《参加報告》



230918-2023.0910.jpg


「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」のHPに
先日開催されたシンポジウムの内容が掲載されています。


9月10日午後、渋谷区の世界平和統一家庭連合本部において、
「拉致監禁」問題を考える特別シンポジウム
―家族を破壊しているのは、誰なのか!―
が開催され、オンライン配信されました。

主催は、全国拉致監禁・強制改宗被害者の会(後藤徹代表)、
後援は、世界平和統一家庭連合です。

これは8月6日に開催されたシンポジウム
「鈴木エイト氏『宗教ヘイト』発言を糾す」
に続く第2弾です。

 
第1部では、4人の被害者が生々しい証言を発表しました。

後藤代表は、仲の良かった家族関係が、
「第3者の介入」によって壊れていった経緯を述べ、
暴力と恐怖、悪口が横行する監禁場所で
「命よりも大切な信仰が破壊されていく恐怖と絶望感。
その苦しみは言語を絶します」と告白しました。

 
続いて、登壇した元教会員の中島裕美さんは、
拉致監禁されたのは2週間でしたが、
実に34年経った今も拉致監禁が原因の
PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ日々を送っています。

中島さんは「かつて受講したセミナー(ワークショップ)で、
人権とは『安全、安心、自信』と学んだ。
これを奪うのが拉致監禁です」

「家庭連合がどのような団体であったとしても、
それゆえに拉致監禁が正当化されることはない」
と呼びかけました。


内科医の小出浩久さんは「神仏への信仰を侮蔑し、
我は救い主と信じる全国弁連」と題して発表。

全国弁連に所属している平田広志弁護士が監禁場所に来て、
「親族によって作られたこういう環境は違法でない」
と宣言したため、小出さんの親族は
みな安心してしまったといいます。

また、有田芳生氏が
「1年間も閉じ込められてよく耐えていられましたね」
と拉致監禁を容認する発言をしたことや、
脱会カウンセラーの宮村峻氏の指示で、
TBSの「報道特集」に無理やり
出演させられたことなど、
反対派の悪辣な手口を暴露しました。


女性教会員のSさんは、拉致監禁された
夫と一緒に1歳半のかわいい盛りの長女を連れ去られ、
警察庁長官や司法に問題解決を訴えるなどしましたが、
解決につながらず、一時は死も考えました。

Sさんは、娘に宛てた手紙を
スクリーンに映し出し、こう語りました。

「この手紙を直接声に出してこの場で
読むならば当時の心情がフラッシュバックされ
ここに立っている事すら
できなくなってしまうと思います。

そんな私を(この世に)引き留めてくれたのは
お腹に宿っていた小さな命でした。
その命がなったら、今日この場に立っている
私はいなかったかもしれません」

 
第2部では、近藤徳茂・法務局副局長が、
「米国では警察の介入により
この問題が早期終結したが、
日本では反対派が家族を関与させることで
警察を排除した」と指摘。

1999年以降の米国務省報告、
2000年4月の桧田仁衆議院議員(当時)
による国会質疑、
2014年の国連勧告等を経て
この問題が沈静化に向かったと説明しました。


また国際弁護士の中山達樹氏は、
専門家の立場から「拉致監禁」の
不当性と違法性について説明しました。

その中で、中山氏は、日本基督教団、
「霊感弁連(全国弁連)」、脱会屋が連携し、
拉致監禁によって棄教した元信者を
原告とする「青春を返せ」訴訟が
各地で提起されたと述べ、教団から
献金を奪う「拉致監禁ビジネス」の構図に言及。

「提訴が、本人のリハビリの一環という。
卑劣なやり方だ」と批判しました。

その後、発表者によるディスカッション、
質疑応答が行われました。

「拉致監禁」問題を考える特別シンポジウム
―家族を破壊しているのは、誰なのか!―
を開催しました

全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会HP 
<統一教会信者への人権侵害の実態>
再編集 文責:ten1ko2



このシンポジウムに、後藤さんのお誘いがあり、
私も参加させていただきました。

4人の被害者の体験談は、
本当に生々しいものでした。

私自身も体験しているわけですが、
この経験は忘れようにも忘れることはできない。。。
そのように思います。

最後、質疑応答の中で、小出さんが
発言していた内容がとても印象に残りました。
「私たちは、被害者と言われるけれど、
このことを知らない人たちの方が
本当の被害者だと思う」

本当にそうだな、と思いました。
私たちの本当の姿を知らない人たち、
マスコミに踊らされ、間違った情報を刷り込まれ、
家庭連合の真実を知らない人たち、
その人たちこそ、本当の被害者なのです。

そういう意味でも、私たちは、
真実の情報、真実の姿を遍く伝えていく、
使命がある、と思うのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)