2024年05月21日

イエスキリストと共に、実体の聖霊(独生女)が登壇?! ドイツで、五旬節・ペンテコステ礼拝 



240521-2024.0519 (2).jpg


先日の五旬節を記念した
ドイツ・ミュンヘンで行われた
ペンテコステ礼拝での、
真のお母様(韓鶴子総裁) のみ言と、
メディアに取り上げられたニュース記事を紹介します。


真のお母様のみ言

今日は何の日でしょうか?
この壇上に誰が見えますか?

イエス・キリストと、
実体聖霊の独り娘である王母(ワンオンマ)が来ました。

私がここに来たのは──

イエス様の願い、
十字架に出るしかないイエス様が再び来られ、
ペンテコステの聖霊の復活で使徒たちによって
キリスト教が出発しましたね。

しかし、残念なことに、キリスト教は2千年間、
イエス様の本質を知らなかったのです。

イエス様の十字架の後、ローマ帝国から
迫害を受けながら300年後に公認され、
イタリア半島を中心にヨーロッパ大陸、
全世界に広がっていきましたが、

イエス様は
「あなたの隣人を自分の体のように愛せよ」
と言われました。

しかし、イエス様の本質を知らなかったため、
利己的な考えで多くの国に被害を与えたという
歴史的事実が明らかになっています。

本来、創造主様はご自分の御姿に沿って
天地万物を創造されたそうです。

御姿に沿って鉱物世界・プラスマイナス、
植物世界、動物世界・メスとオス、
雌雄、雌しべと雄しべ、
最後に人間の祖先になることができる
男と女を創造し、人間には責任を与えました。

成長期間という時間を通して、
自ら完成の座まで出てくるように待っておられました。

しかし、今日の世の中を見ると、堕落した結果です。
これまで人類歴史6千年を下ってきて、
一日も平和な世の中を見たことがない
戦争と葛藤、さらに宗教も一つになれないような
関係で、最近の中東情勢を見ると、宗教戦争です。

キリスト教だけでもそうです。
カトリックから始まりましたが、
多くの過ちを犯すことによって宗教改革が起こり、
プロテスタントが生まれました。

そのプロテスタントも分派がいくつもあります。
もし再臨のメシヤが来るとしたら、
どこに行かれると思いますか?
彼らは一様にメシヤを待っています。

今日の世界情勢を見るとき、
未来を見据えた希望の灯火が照らされていません。

しかし、創造主は永遠に存在します。
始まりと終わりが同じ方です。
始めたからには必ず成し遂げなければなりません。
完成を見なければなりません。

だから、堕落した人類を放っておくわけには
いかないので、 蕩減復帰の
救いの摂理の歴史を始められたのです。

イスラエルという選民を選んで、個人から
家庭、氏族、民族、国家の形を成し遂げることが
できるまで、その過程で中心人物を立てて
摂理を発展させてきましたが、
その時間がどれほど大変で大変であったかというと、
4千年という時間がかかりました。

それで息子である独り子イエス・キリストを
送ってくださったが、イエス・キリストを受胎した
マリアが責任を果たしたと見ることはできません。

イエスの本質を知りませんでした。
イエス様は堕落した人類を救いに来られたのです。

しかし、独り子だけではいけません。
創造原理が男と女なのです。

ならば、マリアはイエス様のために心を込めて
環境を整えてあげるべきなのに、
その逆の生活をしました。

聖書でイエス様とのトラブルが
色々なところで出てきています。
結局、イエス様を十字架につける結果になったのです。

それで、イエス様は再臨を宣言し、
再臨して子羊の婚宴をすると言いましたが、
婚宴をするには相手がいなければならないのに、
なぜキリスト教はそのような考えが
できなかったのでしょうか?

再臨のメシヤが来るために、天は2千年前に現れなかった
独り娘を誕生させることができる民族を選び、
1943年に独り娘が誕生しました。

天はこの一回のために
どれほど苦労されたか分かりません。

イエス様の本質を知らないキリスト教の
カトリックとプロテスタントでは、
イエス様の夢が、イエス様の願いが
真の父母になることだったのに、
それを知ることができません。

真の父母になるためには、
必ず独り娘に会わなければなりません。
独り娘は天が誕生させました。
それを知らなければなりません。

その独り娘の出現は、
キリスト教の背景を通して現れ
ヨーロッパ大陸が初期にイエス様のために
世界宣教を行ったが、責任を果たしたとは
言えない立場で、今、終焉を迎えようとしています。

しかし、イエス様の夢を成就する上で、
真の父母の誕生が成就しなければならないし、
さらに2千年間、キリスト教の背景を置いて
全世界に広がっているキリスト教信仰を持っている人々が
イエス様の本質を知り、真の父母の顕現を待ち、
真の父母に会おうと精進する

過去2千年前のペンテコステのように、
すべてのキリスト教徒が実際に聖霊の復活を成し遂げ、
耳が開かれ、目が開かれ、まさに天の摂理
イエス様の本質を正しく見ることができるような
環境を作るために、実体聖霊
独り娘がヨーロッパに来られました。

聖書のみ言に
「先の者が後になり、後の者が先になる」という
節がありますが、この独り娘の時代においては、
独り娘と一つになれば、結果は完成を見るのです。

真の父母様を通して祝福されて生まれた
2世、3世、4世の皆さんは、
私がピュアウォーターと言いましたね?

皆さんのお母様は、ワンオンマ。
ワンオンマ真のお母様は、天の父母様を直接お迎えし、
人類一家の夢を、実体として
地上に実現していく歴史を成しています。

それでは、ピュアウォーターの皆さんは、
ワンオンマが展開している国家復帰、世界復帰の
天の父母様を、地上で私の家で、私の家庭で、
私の教会で、私の国でお迎えすることができる
地上天国を成し遂げていく上で、
皆さんが中心人物になってください。

そうするんでしょう?(はい)
はい、ありがとうございます。

私が地上にいる間に、皆さんが私と100%、120%
一つになって、摂理の完成を成し遂げることだけが、
永遠を置いて歴史的な偉大な中心人物はもちろん、
皆さんの家庭を通して名門家が誕生するのです。

キリスト教が迫害された時代に、特に使徒パウロ、
イエス様を信じる人を捕まえに行った後、
イエス様から180度回って伝道をするようになった
パウロの歴史、皆さんはよく知っているでしょう?

どうやって中東からギリシャの南端まで
歩いて行ったのでしょうか?
何に乗って行ったのでしょうか?
言いようのない苦しみを経験したでしょう。

しかし、イエス様から受けた約束を守るために
一生懸命伝道した結果、
聖書に名前が載るようになったのでしょう?

天一国時代に真の父母様、独生女平和の母、
ワンオンマと一緒に成した皆さんの実績が
永遠に永遠に輝くことができる、
このような黄金期であることを肝に銘じてください。

ヨーロッパの歴史に宣教の歴史が50年以上あるのに、
56ヵ国以上になる国があるのに、
1ヵ国でも国家復帰が出来なかったというのは、
天の前に面目がないのではありませんか?
(ありません。) 面目がないのですね。

ですから、来年、天の父母様を直接地上にお迎えする
天苑宮天一聖殿入宮式を控えて、
皆さんが天の父母様の前にお見せする
ヨーロッパの2世、3世の若い指導者になって
国家復帰を成し遂げましょう。

今、堂々と摂理の真理、創造主の本質、
イエス様の本質である真の父母様です、真の父母様!

これ以上遅くなる前に、真の父母様の摂理に
参加できるヨーロッパ大陸になるように、
皆さんが最善を尽くしてください。

本当に会えて嬉しかったですよ。
でも、もっと多くの子女たちに会いたい
ワンオンマです。
わかりましたね、最善を尽くしてください。


2024年5月19日
神ヨーロッパ真の父母様特別集会
- Bloom! Pentecost service with True Mother
↑公式の翻訳ではないので、
一部編集しています。
文責:ten1ko2



[ローカル世界ドイツ]
家庭連合ヨーロッパ聖霊降臨祭礼拝 韓鶴子総裁
「『真の父母の時代』を世に知らしめる」

世界平和統一家庭連合(以下家庭連合)は19日午前(現地時間)キリスト教聖霊降臨節を迎え、ドイツのミュンヘン・ショパラスト会場で世界70カ国2500人余りの会員が参加した中で聖霊降臨節特別礼拝を盛大に開催した。

ヨーロッパ・中東家庭連合主催で開かれた今回の行事は「新しい霊性運動を通じた世界平和」をテーマに18日、19日の2日間にわたって感謝礼拝とともに文化行事に分かれて開かれた。

19日の聖霊降臨節の礼拝にメイン演説者として出た家庭連合・韓鶴子総裁は「2000年前にイエス様が約束したように聖霊が降臨して人々に聖霊の賜物を注いでくださったように、今こそ人類が『神の下で一つの家族』として生きていかなければならない時」とし、「世界の平和のモデルを具現した真の父母時代を迎え、全世界の家庭連合会員たちは真の父母を世界に広く知らせなければならない」と述べた。

続いて、ソン・ヨンチョン家庭連合世界会長は、一生「世界平和の母」として生きている韓総裁の人生と一代記を中心とする内容を伝えた。

本礼拝に先立ち、18日には子供たちが親と一緒に乗馬体験プログラムや映画を見たり、ゲームを楽しむことができる様々な家族のためのプログラムが用意され、注目を集めた。

また、この日の夕方に行われた賛美礼拝を通じて、2400人余りの会員たちは、自分の心霊の復活はもちろん、世界の変化を祈願しながら感動的な賛美の時間を過ごした。

一方、この日の聖霊降臨節の礼拝の後、約1000人のヨーロッパ・中東の青年・学生たちは再び一堂に集まって、「未来の世代を責任を持っていかなければならない若い青年・学生たちとして、平和と愛を実践し、世の中に光と塩の役割を尽くす」という意志を固めた。

パーマー(オーストリア・35)ヨーロッパ・中東青年学生連合会長は、「イエスを信じる信徒たちの信仰と霊性が消えていく今のヨーロッパ社会の現実が残念だ」とし、「聖霊降臨を記念するペンテコステの意味を取り戻し、キリスト教の新しいパラダイムの変化が必要な時」と感想を述べた。

https://localsegye.co.kr/news/view/1065606122231044
로컬 세계(LOCAL WORLD)より
(自動翻訳)


上の記事では会員が集まったとありますが、
多くの2世や若者たちが集まり、
真のお母様も喜ばれたことでしょう。

「イエスを信じる信徒たちの信仰と霊性が消えていく
今のヨーロッパ社会の現実が残念だ」
「聖霊降臨を記念するペンテコステの意味を取り戻し、
キリスト教の新しいパラダイムの変化が必要な時」
欧・中東青年学生連合パーマー会長が、
このように端的に語っています。

キリスト教の古い伝統があるヨーロッパ、
そこで、ワンオンマ、真のお母様が来られ、
み言を語られたことに意義があると思います。

信出様を含む宣教師メンバーや、青年たちを中心に、
多くの証しが立てられることを祈ります。



最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


posted by ten1ko2 at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月20日

7年間、娘に無視された父・・・ 仲良し家族になれたのは 《編集者ブログ》



240520-2024.05.jpg
ドイツでの韓鶴子総裁一行☆


7年間も父を無視したという娘さんの
証しなのですが、
あまりに身につまされるお話しで
掲載することにしました。

神様を初めて見せてくれた人

前回は、唐辛子を育てる母を紹介しました。(前回のブログはこちら
今回は、自慢の父を紹介してみようと思います。

私の父は、受け止め上手で感受性が豊か、
おしゃべりが大好きです。

家族が揃えば、父が先頭を切って
「コーヒータイムしよう〜」と皆に呼びかけ、
コーヒータイムという名の
「家族のおしゃべりタイム」がスタートします。

家庭出発で地元を離れた現在も、
週に1度は電話で近況を話しています。

(父から見て)母、妻、娘2人と、
女性に囲まれて暮らしていたからか、
男性としては少し珍しい性格なのかもしれません。


これだけ聞くと、仲の良い親子に感じる
かもしれませんが、以前はそうではありませんでした。

思春期に入った頃の私は干渉されることを嫌がり、
小6から高3までの約7年間、父を無視していました。

ところがその間、私が無視することに対して
父が怒鳴ってくることはありませんでした。

本当に伝えるべきことがあるときは、
母づてに伝えるか、携帯で長文のメッセージを
送るかして、無理に関わろうとすることなく、
ずっと待っていてくれたのです。


そんな状況で、父が唯一欠かさなかったのが
「挨拶」です。

無視されると知りながらも、毎朝仕事に行くときは、
私の部屋をノックしてドアを開け、
「おはよう。行ってきます」と挨拶をするのです。

もちろん私は無視。
布団を被って聞こえないようにもしました。

学校から帰ってくると、父は
「おかえり」と言ってくれましたが、
私は無視か、良くても「うん」と言うだけで、
すぐに父のいる部屋から出ていくようにしていました。

それでも父は7年間、
その挨拶をやめることはありませんでした。
今考えると、父はよく耐えられたな……と思います。


そのような中、関係性が修復していったのは、
今から約8年前。

訪問営業の仕事をしていた私は、
お客様から門前払いをされたり、
厳しい言葉を浴びたりすることがしょっちゅうでした。

それでも誠心誠意お客様に向き合う中で、
父が私に無視されてもずっと変わらなかったことが、
どれほど偉大なことであるかに気づいたのです。

また、娘から無視され続けることは
どれほど心苦しかっただろうかと思い、
深く反省しました。


その父の姿は、人類から何度無視されても
愛し続ける天の父母様の姿と重なりました。

父は、私にとって初めて
天の父母様を実体で見せてくれた存在です。

今では心から感謝していますし、
一番尊敬する人になりました。

こうして、とにかく両親に愛されたおかげで、
天の父母様の愛をよく感じることができ、
本当に仲の良い家庭になれたのだと思います。

私は家庭連合の二世として生まれて、
本当に良かったです。

再編集 文責:ten1ko2


いやぁ、お父さんの行動に屈服いたします。
娘に無視されても、絶対に挨拶はする、
と決意しておられたんでしょうね。。。

ある意味で、家族も伝道対象者です。
真の愛の実践を目指して、
愛の投入をしていきたいと思うのです。

最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

2024年05月19日

*本日、ペンテコステ礼拝(ドイツ)* 平和の母(独生女)が探し求めた針 《田中会長のメッセージ2》



240519-2024.0519.jpg
*本日、ペンテコステ礼拝(ドイツ・ミュンヘン)
10時開始+7時間


田中会長が、世界宣教に出発する
神トップガンの青年たちに語られたメッセージ

「真のお母様の投入の結実である二世圏」
2回目です。

真のお母様が探し求めておられた
針は二世たちであった


(真のお母様の出征式のみ言*のポイント)*下に掲載
第一は、真のお母様の二世圏への投入です。

私は一世ですから、私から見る
真のお母様の二世圏への投入と、
直接投入される二世圏の受け止め方の間に、
微妙な違いがあると感じます。

お母様の二世圏教育への投入とその思いを、
一世として見てきた立場から少しお伝えします。

真のお父様の聖和以降、
真のお母様にとっての重大な観点は、
ご自身がいつ霊界に行くかということです。

今このときに、「もうこれで未来は大丈夫だ!」
と言い切れるほどの確信を、お母様に
持っていただけるようにしなければなりません。

お母様が安心なさるのは、天苑宮のような、
りっぱな建物ができたとい*ことではないはずです。

真の父母様と完全に一つになった
二世圏、三世圏が立ち、真の父母様の志を
しっかりと引き継ぐ未来が見えたとき、
お母様の未来への安心は確かなものとなります。


鄭元周・総裁秘書室第二室秘書室長のことを
少しお話しします。

室長は、真のお母様の秘書として
長く真のご家庭に侍り、摂理路程を共に歩んできました。

2017年の真のお父様の聖和祝祭の際、
お母様は、「私は一人ぼっちだった」と語られました。
そのみ言に最も衝撃を受けたのが室長でした。

室長は世界の指導者たちの前で、
「本当にショックでした……」
と心境を告白したことがあります。

私たちの言うショックとは次元の深さが
違うとは思いますが、そのとき改めて、
お母様が求めているものは何なのかを
本気で追い求めなければならないと感じました。


真のお母様は、
「砂漠で砂嵐が吹いて目を開けられない立場で、
小さな針一本を探さなければならない心情でした」

(『世界家庭』2023年1月号5ページ)とも語られました。

初めて聞いたとき、お母様が求めておられる
針とは何なのか、よく議論しました。

このたび、霊性四十修の二世の修錬生に対して、
お母様は、「あなたたちがその針だ!」と、
はっきりおっしゃいました。

私は本当にうれしかったのです。
真のお母様が、
「あなたたちこそ、探してきた針だ!」
と言える時が来たのだと。

お母様の心情と完全に一つになった
二世圏、皆さん一人一人こそ針なのです。

その意味から見ても、皆さんが
真のお母様の心情の相対に立って
世界宣教を決意してくれたことが
本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいなのです。

お母様の心情圏から世界に旅立つ
神トップガンメンバー

五十年前、志高く世界宣教に旅立った先輩たちは、
大学をやめ、愛する家族を置いていくなど、
天の前に人生を捧げ切って出発していきました。

それ以来、輝かしい「信仰」の金字塔は
打ち立てられましたが、摂理的にはまだ、
針と言える孝情の世界とは距離があったのかもしれません。

信仰だけでは天国はできません。
天国は信仰によってつくられるものではなく、
心情の世界だからです。

親には、本当に心を開くことのできる子女が
目の前にいない限り、永遠に天国は訪れません。

子女にしても、心から父母だと思える親が
立たない限り、本当の意味での子女にはなれません。
たとえ位置が与えられても信仰で子女にはなれないのです。

海外宣教に従事してきた一世の先輩たちは、
何の経験もない皆さんを見て、
「本当に大丈夫なの?」と心配するでしょう。

経験値から見れば当然です。
では、心情圏から見ればどうでしょう。

今回の宣教は、一世が
命懸けの信仰を立てたときとは別次元であり、
全く新しいステージに入っているのです。

「神トップガン出発修練会」閉講式
3月3日 千葉中央修練所
世界家庭4月号
https://familyforum.jp/2024050750052
再編集 文責:ten1ko2


本日、5月19日はペンテコステ(五旬節)です。
キリスト教における祝祭日であり、
イエス様の復活後、聖霊降誕がなされたとされる日です。

その日を期して、ヨーロッパ、ドイツの地で、
お母様は特別なイベントを企画しておられたのでした。

ヨーロッパは、信出様が宣教師として
活動していますね。

小さな針、今日の大会の成功とともに
世界各地にいるトップガンメンバーの勝利を
祈っていきたいと思います。


最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)

私がお父様の聖和後、最初に、お父様が乗っていた
ヘリコプターを売って何をしたかというと、
圓母奨学財団をつくり、
皆さんを教育するために使いました。

皆さんは、真の父母によって祝福を受けた
皆さんの父母を通して生まれた
ピュアウォーターであると、
私は話しましたね?(「はい」)

そのピュアウォーターは、
停止状態でいてはいけません。
流れていかなければなりません。
より高く、より広い世界へ
流れていかなければならないのです。

皆さんというピュアウォーターによって、
堕落した世界の国が一つ、二つ、三つと、
清い水である皆さんを通して浄化され、
世界が真の父母を知り、
天の父母様に侍る環境となるならば、
それは何でしょうか? 
地上天国ではありませんか?

ここで重要なのは、私が皆さんを信じて愛し、
本当に宝物として育てたのですが、
問題は、地上に真の父母様がいる間に、
天の父母様に侍る環境圏を広げて、
地上天国が広がって、真の父母が、
私ももう80歳を過ぎたので、
どれだけもっと生きなければならないか……。

私が最終的に天国に行く時を考えると、
ピュアウォーターである皆さんが
私と一つになって、「天の父母様に侍る
環境圏を、80億の人類の中に
これほどまで広げました」という
誇りを持って行きたいのです。

そうしてくれるでしょう? (「はい!」)
ああ、どれほど、どれほど待った
皆さんの美しく、力強い声でしょうか! 
ありがとう。


神トップガン出征式
2024.2.19

※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする