2024年05月27日

生きている人間が復活? 「霊人体の完成は愛の完成だよ」アボジの一言・霊性レッスン 《史吉子先生》



240527-2015.0829sa.jpg


史吉子(サ キルジャ)先生
「原理に関するみ言の証」、復活論より、
地上人に対する復活のお話しです。


復活論では先ず、地上人に対する復活摂理が現れます。

地上人に対する復活摂理は、
どのようになされるのでしょうか?
私たちの霊人体が霊形体、生命体を経て、
生霊体にならなければなりません。

すなわち、 蘇生復活、長成復活の段階を経て、
完成復活しなければならないのです。


次は、霊人に対する復活摂理です。

既に肉身を脱いだ私たちの先祖たち、
霊人たちは地上に再臨して地上人を協助することにより、
地上人と同じ恵沢を受けて復活します。

今日は、この二つの内容に関して説明します。


私は、復活とは既成教会で言及するように、
「死体が墓から蘇ること」だと思っていました。

ところが、 私たちの教会に入教して、
「復活は霊人体が成長すること」
と言うみ言を初めて聞きました。

それであまりにも不思議で、更に深く知りたくなり、
ある日、 お父様にお尋ねしました。

「お父様、私もお父様がおっしゃるように、
私の体の中で霊人体が成長していると思いますが、
霊人体がどれくらい成長したか、
霊形体が成長して生命体になったのか、
そのようなことが計れる、丁度、体温計のような機械を見て、
成長の度合いをわかることができませんか?」
とお尋ねしてみました。

お父様はこの質問については、聞いた振りもされず、
「そうだ。霊人体の完成は愛の完成だよ!」
と答えられ ました。


ところで、この霊形体と言う言葉には、
意味があります。

私たち食口の中で、練炭ガス中毒で
急死して生き返った人がいました。

彼女が死んで霊界に行ってみたら、
天国に行く道よりも地獄に行く道の方が楽に見えて、
早く来いと手振りをしていたそうです。

それで地獄に行ってみると、大蛇のような、
犬のような、豚のようなものがいましたが、
こちらから見ると人のようでもあり、
あちらから見ると獣のように見えたそうです。

そういう訳で復活してこそ、私たちの霊人体は
獣の姿から人間の姿へと形成されるのです。
それで蘇生期の霊人体を、霊形体と呼ぶのです。


そして、その霊形体が生命体に成長し、
更に成長すると生霊体になるのです。
生霊体は発光体であり、発光体は光を発するものです。

それで私たちが地上で生きる目的は、
自分の霊人体が完成して生霊体 (発光体)になることです。
それ故に、誰もが生霊体になることを望み ます。

その光がどれくらい強いかが、
将来、真の父母様が霊界に行かれた後、
私たちが真の父母様の近くに行ける基準になるそうです。

自分の霊人体が明るければ明るいほど、
真の父母様の近くに行けます。
暗ければ暗い程、下に下がり、
明るければ明るい程、上に上がります。

史吉子/ 著「原理に関するみ言の証」
再編集 文責:ten1ko2


私の霊人体が、どれくらいの位置なのか、
知りたい思いもあるし、しかし、
逆に、知りたくない思いもあります。。。

お父様のみ言のごとく、
「霊人体の完成は、愛の完成」と言われると
まだまだだな、と感じさせられます。

「私の生涯の座右の銘は、
いかにしてきのうよりきょう、
さらに感謝の気持ちをもって
生きていくかということです。
きのうよりきょう、さらに感謝し、
あすはきょうよりもっと感謝しながら
生きるために努力してきました。
日ごと、感謝の気持ちをもつことが、
私の人生の目標でした」


このお母様のみ言が胸を打ちますね。
どんな境遇にあったとしても、
感謝する生活を送ること、
この思いを持って、今日も出発していきたいと思うのです。


最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史吉子先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月26日

大批判を受けた未来への投資から10年、神TOP GUNが「針」になった理由 *1世と2世の違いは 《田中会長のメッセージ3》



240319-2024.0219.jpg


田中会長が、世界宣教に出発する
神トップガンの青年たちに語られたメッセージ

「真のお母様の投入の結実である二世圏」
3回目。

真のお母様の出征式のみ言*のポイント
一つ目は、「真のお母様の二世圏への投入」
であるといいますが──(*み言は下に掲載)

お母様の心情圏から世界に旅立つ
神トップガンメンバー

今回の宣教は、一世が
命懸けの信仰を立てたときとは別次元であり、
全く新しいステージに入っているのです。

神トップガンの中心には文信出様、
文信興様がいらっしゃいます。

お二人も、今後の人生でやりたいことや、
やってみたいことがたくさんあるでしょう。

それらを全て置いて、真のお母様が
願われるところに行こう!≠ニ決意されました。

これは信仰でしょうか? 
心情でしょうか? 
絶対に心情です。

お母様の心情圏に立ったから、
当たり前のようにその選択肢が生まれたのです。


一世たちは信仰でスタートしました。
今もなお、真の父母が自分の親であるという
確信を深めようと努力し続けています。

しかし、何十年続けても、信仰の場が
天国になるのではありません。
父母を父母としない限り、
孝情を起点にした天国は生まれないのです。


信出様、信興様にとって真のお母様は、
おばあちゃまでしょう。

お二人は本当におばあちゃまが大好きであり、
信仰ではなく心情ゆえに宣教にも行かれるのです。

そして今、 そのおばあちゃまが
「人類の真の母」であると受け止める闘いをしておられます。
それにより、自分の立ち位置、位相、
価値が変わるからです。

ただの孫≠ナはなくなり、
立場はますます公的になっていきます。

おばあちゃまの心情ではなく、人類の真の母の
心情として認識できるようになった分だけ、
ご自身の位置付けもより高い次元にならざるをえないと思います。


皆さんは、真のお母様の直系血族ではありませんが、
祝福子女として直系の位置にいます。

ワンオンマであるお母様が、皆さんに
「ありがとう」とおっしゃる心情世界を
しっかり受け止めてください。

真のお父様が聖和されてから十年、
お母様は二世圏教育に投入されました。
その結実が皆さんです。

お母様は、私の心情圏から出発する子女たち。
私の思いと完全に一つになって動じ、静ずる
子供たちが生まれた≠ニいう確信を持って
皆さんを世界に送り出すのです。

宣教に行くのですから、実績も追いかけるでしょう。
そのような中でも、真の父母様の前に、
私たちは絶対的に子女である≠ニいう心情圏を
守り抜いてください。

この心情圏が、
試練に向き合うときも、伝道対象者に向き合うときも、
兄弟姉妹に向き合うときも、中心軸になります。

天一国時代を迎えた今、五十年前とは、
この点が決定的に違うのです。
新しい時代のうねりに期待しています。

未来を確かにするための取捨選択

先ほど紹介した出征式でのみ言にもあったように、
真のお母様は、真のお父様の聖和後、
ヘリコプターを売却されました。

反対の声が多数あり、ネットに批判の言葉が飛び交いました。
お父様の思い出をお母様がお金に換える≠ニ、
どれほど批判されたか分かりません。

真のお父様が創設したサッカーチームの支援も終えました。
お父様の思い入れのある取り組みをストップし、
その資金を全て圓母平愛財団に投入されたのです。

財団の奨学金制度を通して、日本の二世たちも
千二百から千三百人が恩恵を受けました。
全ては、未来を確かなものにするためです。

ヘリコプターやサッカーチームを守ることと、
摂理の未来をつくること、どちらが大事ですか? 
未来をつくることです。

真のお母様の決断から十年たち、皆さんを針だと言われた、
この一言を通して、私は、
お母様の心情が解放されたのだと感じました。

多くの批判に耐え、未来をつくってこられた
お母様の心情は、皆さんの孝情によって解放されたのです。

「神トップガン出発修練会」閉講式
3月3日 千葉中央修練所
世界家庭4月号
https://familyforum.jp/2024050750052
再編集 文責:ten1ko2


結論でありますが、私たちが持つべきは、
「心情」つまり、真の父母様への「孝情」だと思います。

一世と二世が違う、というのは、語弊がありますが、
二世、三世は、心情においては、
天賦の才があるのだと思います。

信仰の世界では、さまざまな限界を
乗り越えて歩んできた私達です。
しかし、信仰では勝ったとしても、
心情の絆を真の父母と結ぶ、
これ以上に貴いことはありません。

私たちにおいては、
徹夜精誠での精誠に焦点を当てて、
真の父母様への孝情を育んでいきたいと思うのです。


最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)

私がお父様の聖和後、最初に、お父様が乗っていた
ヘリコプターを売って何をしたかというと、
圓母奨学財団をつくり、
皆さんを教育するために使いました。

皆さんは、真の父母によって祝福を受けた
皆さんの父母を通して生まれた
ピュアウォーターであると、
私は話しましたね?(「はい」)

そのピュアウォーターは、
停止状態でいてはいけません。
流れていかなければなりません。
より高く、より広い世界へ
流れていかなければならないのです。

皆さんというピュアウォーターによって、
堕落した世界の国が一つ、二つ、三つと、
清い水である皆さんを通して浄化され、
世界が真の父母を知り、
天の父母様に侍る環境となるならば、
それは何でしょうか? 
地上天国ではありませんか?

ここで重要なのは、私が皆さんを信じて愛し、
本当に宝物として育てたのですが、
問題は、地上に真の父母様がいる間に、
天の父母様に侍る環境圏を広げて、
地上天国が広がって、真の父母が、
私ももう80歳を過ぎたので、
どれだけもっと生きなければならないか……。

私が最終的に天国に行く時を考えると、
ピュアウォーターである皆さんが
私と一つになって、「天の父母様に侍る
環境圏を、80億の人類の中に
これほどまで広げました」という
誇りを持って行きたいのです。

そうしてくれるでしょう? (「はい!」)
ああ、どれほど、どれほど待った
皆さんの美しく、力強い声でしょうか! 
ありがとう。


神トップガン出征式
2024.2.19

※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月25日

(証し)良心が一番喜ぶことってなんだろう?! 《自己牧会プログラム》



240525-2024.05.jpg


自己牧会プログラム、
今回は、60代の方の伝道の証し、
「良心が最も喜ぶこと」です。


私には、街頭伝道で出会った信仰の子女(男性、20歳)がいます。
彼はみ言を学び、順調に入会まで進んだのですが、
間もなく実家に帰ってしまいました。

何度か実家まで出向き、またLINEを送るなどして
交流を試みてきましたが、進展がないまま2年ほどたっていました。

真のお父様聖和8周年までの120日路程中の第2次40日路程で、
精誠祈祷をしていた時のことです。

真のお母様が「全ての人に真の母を伝えなさい」
と語られるご心情に思いをはせていると、
ふと良心がささやきかけるように、
心の中に彼の名前が浮かび上がってきたのです。

私は祈祷を中断して、彼に、
お母様の自叙伝を紹介するLINEを送りました。
すると速攻で「読んでみますね」と返信があったのです。

レスポンスの速さとともに、
その肯定的な内容にビックリしてしまいました。

実は以前、彼に真のお父様の自叙伝を勧めた時は
関心を示さなかったので、私は
彼をお母様の自叙伝の配布リストから外していたのです。

それが私の勝手な思い込みであったことを、
良心は気付かせてくれました。

み旨を背負って立たれる真のお母様を
一人でも多くの人に伝えたいと思いながら伝道する時、
良心は最も喜び、共鳴し、助けてくれることを実感しています。

(男性 60代)

私の心の中にいる神様 25
良心が最も喜ぶこと
再編集 文責:ten1ko2


とても短い証しですが、
私たち食口の共通の良心の叫びを
公開してくださったような気がします。

真の父母様は、常に良心を中心として歩まれていますので、
神様の心情が痛いほどわかるし、
万民の心の奥底の声もわかるのだろうと思います。

全世界全人類を真の愛でかき抱きたい、
天の心情を何よりもご存じなので、
万民に神様を正しく知らせたいと思われて、
そのために日々み旨に投入しておられます。

また、人類も真の幸福を求め、
世界平和を求めて歩んでいます。

究極的な方法が「伝道」ですが、
今回の証しの方は、その良心の声に従い、
具体的な実践をしておられます。

お母様は、「全人類の3分の1に、
真の父母を伝えなさい」と語られています。

今、このような状況であったとしても、
良心は叫んでいます。
逆に言えば、義人は用意されていると思うのです。

最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 08:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする